エコカラットの取り扱いに関する心得

エコカラットは室内で使用する壁用タイルの一種で、目に見えない微小な穴が無数に空いていることから高い吸湿性を持っているのが特徴です。

また、表面に僅かな凹凸が形成されているため照明を当てることで特有の陰影が浮かび上がります。

そのため、装飾用のタイルとして用いられることもあります。



エコカラットは適切に扱うことで室内の環境を安定させることが出来ますが、居住性を良好に保つためにはタイルの品質を維持するように心がけることが大切です。エコカラットはセラミックで作られているので軽量で扱い易く、壁に貼り付けても負荷が少ない利点があります。
その一方で強い衝撃や圧力に弱く、粗雑に扱うとひび割れが生じるので注意が必要です。

また、カーテンや暖簾などの布地が擦れると表面の凹凸がすり減ってしまうので貼り付ける場所は慎重に選びます。



エコカラットは吸湿性の高さから室内の環境を一定に保つ目的で使用されるケースが多数を占めますが、水濡れや汚れが付着すると穴が塞がれて品質が劣化してしまいます。

そのため、浴室や台所のように湿度が極端に高く、汚れが飛散しやすい場所での使用は避けます。

日本経済新聞についての情報ならこのサイトです。

汚れ以外に直射日光に長時間晒されることでも変色やひび割れが生じることがあるので遮光の方法を工夫することが重要になります。エコカラットの特性を正確に把握し、品質を保つために取り扱いには細心の注意を払うように心がけることが毎日の生活を気持ち良く営むための秘訣です。


Copyright (C) 2016 エコカラットの取り扱いに関する心得 All Rights Reserved.